初音ミク『オレンジ(Orange)』

Posted on

迷這首歌很久很久了,順手把歌詞翻譯一個能看得出故事線的版本。總譜扒譜工作也已經在進行中…

君のいる世界で笑ったこと、 曾在你所在的世界歡笑着
君の見る未来を恨んだこと、 曾爲你所見的未來憎恨着
君の声、温もり、態度、愛のすべてが… 你的聲音、溫度、態度和愛,向這一切…

海街、赤錆びた線路沿い 海邊街道,沿着紅繡的鐵路
二人、「幸せだ」って嘘ついて 兩人撒謊地說着「好幸福呢」
くしゃくしゃに笑う顔、繋いだ手 笑皺的臉、牽着的手
遠くの島、朝焼け 遠方的島嶼,滿天的朝霞

愛しきれない君のこと、 對你總也忍不住的愛、
つられて泣く私も弱いこと、 被惹哭的脆弱的我、
代わりなんてないって、特別だって 互相說的「是無可替代特別的你」的話、
許し合えた日も 和我們互許心意的日子、

もう二人に明日がないことも 已經沒有屬於我們兩人的未來的事,
ただ、ずっと。そう、ずっと隠してしまおう。這些會一直、一直埋在心中
残される君に届く ただひとつを 僅有的想向你傳達的一句話
今でも、探してる。 直到今天,我還在思索

「元気でいますか。」「笑顔は枯れてませんか。」「過得還好嗎」「還能夠笑得出來嗎」
「他の誰かを深く深く、愛せていますか。」 「能深深地愛着另一個人了嗎」
ずっと来るはずない君との日を願ったこと 把與你一同度過的明日再也不會來到的事
鍵かけて。 鎖封起來。

三日月島、陰る渚鳥 島上娥眉月,夕陽斜濱岸
ツタに飾られた教会裏で 飾滿地錦的教堂裏
また子供じみた約束しては 再次許下天真的約定
逃げ出す話をしよう。 商量着逃離

誰も満たされないよりも 比起誰都沒有滿足的故事
望んだ最後だけを温める 我只是想擁有期望的結局
怖い夢を見ただけの私に 就像總是做着噩夢的我
そうであったように。 一直以來的樣子

許すだけでも、耐え抜くだけでも 僅僅是我原諒也好、僅僅是你忍耐也好
ただ、きっと。そう、きっと 一定、一定
誰も変われないこと。 誰都無法獲得改變
傷付けない弱さが生きられないほど 不忍心傷害別人這樣懦弱地活着
大きく育ったの。 如此漸漸成長

覚えていますか、初めて会ったことも、 還記得嗎,我們初次見面的地方
君の嘘も、甘えも、弱さも、流してゆくような 你的謊言、你的甜蜜和脆弱一同流逝
この朝焼けで あの日のように君はまた 正如那天的朝霞,那樣的你也
素敵に変わってゆく 變得美好

愛を歌った 大地を蹴った 唱過愛歌、踏過大地
今、「最低だ」って殺した最後も 最後卻是說着「真差勁」而殺掉你的結局
不完全だって不確かになって 這樣不完整也不完全的結局
ほら蹴っ飛ばして、ないや。 是因爲你沒有和我一起離開

歳月が巡って 声を辿って 歲月流轉,我追隨着你的聲音
また生まれ変わったら 如果你能有來世
真っ先に君に会いに行こう。 一定馬上去見你

愛していました。 我曾經愛着你
最後まで、この日まで。 直到最後、直到現在
それでも終わりにするのは私なのですか、 即使如此親手毀掉一切的也是我嗎?
君の幸せな未来を、ただ、願ってる。 而我僅僅是期待着你幸福的未來

君のいる世界で笑ったこと、曾在你所在的世界歡笑着
君の見る未来を恨んだこと、 曾爲你所見的未來憎恨着
君の声、温もり、態度、愛のすべてに 你的聲音、溫度、態度和愛,與這一切

さよなら。

永別了。


Comment ( 1 )

  1. Reply笈川桐枝
    喵~。。。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.